ベットで使うマットレスの選び方とは

寝る時にベットを使用する場合、その上に敷くマットレスも重要な役割を果たしています。
寝る時の姿勢を固定することによって睡眠の質に大きく関係してくるからです。

 

より良い睡眠を確保するためには、ベットで使用するマットレスの選び方が重要になってきます。
まずは厚さから選んでいくというのもひとつの方法になります。

 

マットレスベットの上に敷くものなのであまり厚みのあるものにすると落ちた時に危険です。
特に、高齢者の方の場合は厚すぎるマットレスだと寝返りを打った際に危険な場合があります。

 

選び方としては、必ずベットの高さとマットレスの厚さを計算したうえで購入することが大切です。

マットレス選びは厚みだけでなく固さも重要

他にも、選び方として注意する点は、マットレスの固さについてです。
柔らかすぎる素材のものを選びますと、腰が沈みすぎて不自然な姿勢になることもあります。

 

腰に負担がかかることによって朝起きた時に痛みが生じることもあります。
場合によっては、ぎっくり腰になることもありますので注意が必要です。

 

反対に素材が固すぎるものも、肩や背中が痛くなる場合があります。
マットレスを選ぶ際には素材の固さに気をつけることがポイントになります。

 

一番いいのは、実際に寝てみて寝心地がいいかどうかを自分で確かめることです。
自分が納得のいくまで選び方に気を配ることが大切になってきます。

マットレスの種類から見る選び方|高反発マットレスについて

マットレスは睡眠時に身体を預けるものです。
それによって安眠できるのかどうかや質が高い眠りが取れるかどうかが決まってきます。

 

場合によっては身体の症状を改善・悪化すると言う場合もあります。
そのためマットレス選び方は重要です。

 

マットレスの種類によって特徴や相性の良い人が異なっているので注意が必要です。
その中でも以前から注目を集めているマットレスの種類として知られているのが高反発マットレスです。

 

名前の通り反発力が強く硬いマットレスとなっています。
そのため通常のマットレスと比較すると沈み込みが少ないのが特徴です。

特に腰痛に効果的な高反発マットレス

長期間使用しても反発力を維持することができるというところがメリットとされています。
そのような特徴から睡眠中も正しい姿勢を保つことが出来るます。

 

腰痛予防や疲労改善の効果が期待されています。
高反発マットレスがおすすめの人は下記のようになります。

 

 正しい寝姿勢を維持することができる

 

 質の高い睡眠を確保できる

 

 腰痛に悩んでいる

 

特に腰痛予防の効果は高いとされているので予防したいという人にもおすすめされています。
選び方としては安いものの場合は粗悪品が多いといわれています。

 

最低でも3万円以上するものの中から選ぶようにすることがポイントでしょう。

肩こりなどの症状に悩まされないための布団やマットレスの選び方

健康維持には質の良い寝具も欠かせないものです。
布団マットレス選び方が大切となってきます。

 

色や値段、ファッション性のみで選んでしまうと後悔する場合もあるでしょう。

 

マットレスは睡眠時にかかる体重の圧力を吸収し分散させる役割があります。
体の負担を減らす選び方が重要となってきます。

 

理想的な寝姿は立っているときの状態をそのまま横にしたものです。
マットレス布団が体にあっていないと肩こりや腰痛、ストレートネックに悩まされやすくなります。

高反発のマットレスをお店で試してみましょう

マットレスは自分の体に合ったものを選びましょう。
現在市販されているものは大まかに次のようになります。

 

 柔らかくて体への反発も少ないポケットコイル

 

 大きく硬めのボンネコイル

 

 低反発マットレス

 

 高反発マットレス

 

どれも特徴があり、個人の好みにも差があります。
まずは自分の体の大きさにあったものを選んでみましょう。

 

購入を考えている場合はマットレスを実際に試すことのできるお店で体験してみたほうがいいでしょう。
客観的なアドバイスがもらえますし正しいマットレス選び方も身につきます。

 

他にもストレートネックに悩まされているかたは、なるべく質の良い高反発のマットレスを選ぶようにしましょう。
通気性がよく、十分な厚みがあるものがよいと言われています。

 

起きているときは姿勢に気をつけ、寝るときも姿勢が崩れないもののほうが肩や腰に負担が少なくなります。
寝具は体にあったものを選びましょう。

腰痛の人のためのマットレスの選び方

腰痛の人はマットレス選び方によって、症状に影響があることがあります。
柔らかいマットレスなら腰への負担が軽くなると考えている人も多いです。

 

しかし実際には柔らかすぎると腰への負担が大きくなってしまうことがあります。

 

柔らかいと腰の部分だけが沈み込んでしまいがちになります。
沈み込んだ部分にだけ体圧がかかってしまうことが原因です。

 

寝返りを打つと別の部分に体圧がかかります。
身体中の筋肉に負担がかかるというサイクルを一晩中続けていることになります。

 

すると腰痛が悪化してしまう可能性があります。
マットレス選び方としては、身体にかかる圧力をどれだけ分散させることができるかという観点で選ぶことが重要です。

 

ある程度の固さがあるマットレスならば身体の一部が沈み込み過ぎることがありません。
身体にかかる圧力を分散させることが可能です。

腰痛に悩む人は実際に試してからマットレスを選びましょう

眠っている時に人間の自然な背骨の形である緩いS字カーブをキープしやすくなるので
身体に負担がかからないのです。

 

高反発・低反発というのも選ぶうえで大事なポイントです。
しかし腰痛の人がマットレスを選ぶ時は寝心地も重視しましょう。

 

お店で実際に寝転がってみて自分に合っているかチェックして選びましょう。

 

 身体の一部に体重がかかっていない?

 

 横向きになった時に背骨が曲がってしまっていない?

 

チェックしてから選ぶようにすると腰痛の軽減効果も期待できます。
実際にお店でチェックできないという場合には、返金保証やお試し期間があるマットレスを利用してみるのも一つの方法です。

 

「腰痛マットレスの正しい選び方|高反発マットレスの人気ランキング」関連情報